東京の外壁塗装の体験談を聞いてみる

人口が多い東京では、外壁塗装業者の数も増え続けています。半径1キロに3,4件の外壁塗装業者がある地域も珍しくはありません。このような場合、どのように業者選びをするべきでしょうか。まず、外壁塗装業者の方から営業にくる場合は、できるだけ避けるべきです。営業でくる場合は悪質業者の可能性が高いだけでなく、仮に悪質業者ではなかったとしても外壁塗装業者の社員ではない「営業専門会社」の社員が訪問販売をしている可能性があるからです。営業訪問会社の社員は、完全歩合制のところが多く、営業が取れれば給料は入りますが、取れなければ給料がほぼ0円です。そのため、契約を取ることだけを目的としているため、アフターフォローなど全く考えもしないでしょう。そこで、体験談を聞いてみる方法があります。

体験談を聞く場合のメリットとは

体験談を聞かせてくれる人がいる場合には、どのようなメリットがあるでしょうか。例えば、東京の外壁塗装業者は数が多いため、広告を出したり、チラシをポストに入れていることがあります。チラシや広告には、体験談が書かれていることがありますが、実際に知合いや友人などから聞く体験談よりも、作られた体験談であると感じることが出来ます。そもそも、企業としてはチラシや広告に外壁塗装の体験談をわざわざ載せるのは、第三者の声が入っていたほうが、契約に結びつく可能性が高いからです。当然、そこに載っている体験談は業者にとって都合のいい物になります。業者にとって都合の悪い体験談をわざわざ載せる人はいないでしょう。ですが、友人や知人・近所の人や親などから聞いた体験談は業者に都合の悪いことも話すため、価値があるといえます。

体験談には主観が混じっているので要注意

体験談を聞いたとしても、それをそのまますべて信じるべきではありません。体験談はその人が実際に東京で外壁塗装工事をしたものであることは間違いないでしょう。虚言癖の人などを除けば信用は出来ます。ですが、体験談はその人の主観になります。違う人が同じ業者の体験談を語ったとすれば全く同じ体験をしている訳ではありませんので、また違った見方をするでしょう。下手をすれば、前者の人はすごくネガティブなことを言うかもしれません。ネガティブな傾向が強い人も世の中にはいるのです。また、クレーマーの場合もほとんどその人の主観が強すぎて話を半分だけ聞いておけばいいでしょう。逆に後者はすごくポジティブに話をするかもしれません。このように、同じ業者でも人によって意見が割れることがありますので、出来るだけ多くの人に体験談を聞いておきましょう。

外壁塗装には防火性・断熱性・耐震性の向上をもたらし、住宅の寿命を延ばすことができます。 塗料別の外壁塗装も承っております。お気軽にお見積もりください。 エリアや要望にマッチングした優良塗装業者を最大5社までピックアップします。 当サイトに記載されている業者で、高品質な工事を安心して受けていただくことができます。 当サイトでは、外壁塗装に必要な最低限な知識を付けることができます。 東京の外壁塗装の工事業者をご紹介